KSWN

Fu●king Veranda
MENU

うちのサボテン群と、阪急うめだにて多肉とサボテン他のイベント

cacti


最近訪問記ばっかり書いてるから、正味、食傷気味wwたまには家にあるものを・・・サボテンをピックアップ


Astrophytum asterias


お手頃価格でGET。うちのサボテン群の中で、このヒトに一番ビビっている。


Astrophytum asterias


ウホッ


Ariocarpus retusus v. frumdosus


玉牡丹。あのパンパンな座布団みたいになるには何年かかるの?


Lophophora diffusa


買ったり頂いたりして集めたロフォフォラ群。


Escobaria leei


今のレーイはこのときより、ボリュームダウンしてしまった・・・


あ、そうそう、たこ焼き臭い都会の真ん中で、サボテン多肉に囲まれてきましたわ


IMG_1852.jpg


阪急うめだの催事場にて、広島の"叢(くさむら)"さんのイベントが行われていた。空間植栽で有名(エルメスのショーウィンドウも手がけてはる)叢のサボテン多肉と、器を観るのは今回が初めて◎


IMG_1866.jpg
メンズとエキゾチックプランツの相性の良さたらハァハァ

IMG_1850.jpg


ディスプレイがめちゃかっこEEE(搬入SUGEEE)


IMG_1871.jpg


アリ植物も鎮座


IMG_1883.jpg


でっかいシダ、ちなこれ売り物で草


IMG_1849.jpg

IMG_1873.jpg

IMG_1853.jpg


やっぱり器がかっこEEE・・・お金と土地があれば、作家さんから器買って、こんなふうに並べつくしたいわ(泣)月世界とその器の相性が一番好きな感じ。


IMG_1854.jpg


エケの水耕栽培は初めて見た。以前サボテンの水耕栽培をやったとき、毎日水を替えるのが面倒になり、どんどん水が濁っていくのをみてから水耕栽培断念しましたwマメじゃないとできひんな


IMG_1848.jpg


ちょうど私がいたときは、代表さんのトークショーが開催されていた。


以上!ってちゃっかり訪問記書いとるやんけwwwww序盤の宣言は何やったんやwwwwwwもうええわおやすみなさいwzzZ


京都府立植物園2016 其の1

An exhibition of cacti & succulents


5月に催された、京都府立植物園のサボテン&多肉植物展へ訪れたときのこと。左下のポスターにチラッと写っているキャッチコピーは「北米・南米産サボテン棘対決」


An exhibition of cacti & succulents


しかし今の私のレベルでは、どれが北米産か南米産か分からんw・・・勉強しよ

An exhibition of cacti & succulents

An exhibition of cacti & succulents

An exhibition of cacti & succulents


出展品の中にHaworthiaがいくつか見られた。そういえば手柄山温室植物園の展覧会にもHaworthiaはあったけど、咲くやこの花館ではあまりなかったような。(併設の即売会では大体どれもありました、パキポ、ユーフォ、ガガイモ等)



広ーーーい京都府立植物園内。せっかく来たさかい色々カメラに収めた(●)(●)相変わらず時系列バラバラで掲載。


Kyoto Botanical Gardens

Kyoto Botanical Gardens

Thunbergia mysorensis


最初に出迎えてくれはったのはキツネノマゴ科ツンベルギア属の彼ら。原産地はインド。口を開けて白い牙が見えてるようにも見える。これがいっぱい連なってぶら下がってはったからビックリしたw、てかキツネノマゴ科ツンベルギア属ってなんやねん。

キツネノマゴ科
―熱帯地方を中心に250属 2500種ほどがある大きな科である。分布の中心は熱帯アジア,ブラジル,中央アメリカ,熱帯アフリカおよび地中海周辺のやや乾燥した暖温帯で,日本などの東アジア,アメリカ合衆国,オーストラリアなどにも知られる。―コトバンクより抜粋

ツンベルギア属(ヤハズカズラ属?)
―キツネノマゴ科の常緑低木で,つるになるものが多く,熱帯アフリカ,マダガスカル,インド地方などに約 200種が知られる。花冠は大型の漏斗形または鐘形で,紫,青,黄,白などがあり美しい。―コトバンクより抜粋


だそうです。


失念

なんだったかなこれ、写真見た感じジャボチカバみたいに、幹から直接花が咲いてる系だったかな。


Amorphophallus muelleri


コンニャク系キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!このほかにもサトイモ科があったんだけど、撮りそびれたので次回来訪した時に撮りたい・・


続きは次投稿で。zZz


植物園にて猥褻物陳列

Tegarayama conservatory botanical garden


前記事に引き続き、手柄山温室植物園の訪問記を。今記事は常設の温室内へGOGO


Tegarayama conservatory botanical garden

Tegarayama conservatory botanical garden


あ〜どこの植物園も、金鯱の地植えがあるのが相場なんすね〜〜恥ずかしながら人生初の植物園降臨が、この前の咲くやこの花館だったので、こーいうとこの定番ちゅーのををこのときに知っていった。


ほなユーフォルビアから。

Euphorbia millii


一面の花キリン。


Euphorbia confinalis

Euphorbia stellispina


あwwやっぱり欲しい!!(うちのトップスター、群星冠錦はこちら


ここの温室は、小さめの鉢植えも多い↓

cacti

Conophytum


コノフィツム達。このディスプレイええな。


Lophophora diffusa


ロフォフォラ可愛いすな。


succulents


星の王子がデカくて思わず撮った。うちにある奴の2倍くらいちゃうか?イマイチデカさが伝わらんのが残念や(トップシータヴィーと比べたら分かるかな?)


とまぁ色々観てたら、アレが鎮座してはった

Espostoa melanostele e var. rubrispina


どう見てもtnkです、本当にありがとうございました^^ つっても長すぎるな竿がwww


Echinocactus grusonii


そんな乾燥地帯系の温室内でした〜次回はその他の温室の写真を記載しよーかと。ほなね〜〜〜






サボテンと多肉植物展2016 in 手柄山温室植物園

キーワード
桃美人と星美人のことは後ほど触れます。ボタノフォビアがあることにグッときた。


以前、咲くやこの花館でのサボテン&多肉植物展での訪問記を書いたこともあってか、当ブログへお越しいただいた際の検索キーワード順位(2016.05)に、「即売会」とか「多肉植物展」とか「関西」と言ったワードが目立つようになった。


私も他所様のブログを拝見して情報を得て、多肉にハマって初めての春を迎えたにも関わらず(?)この3ヶ月以内に多肉植物展は3件、即売会は2件行くことが出来た。訪問記を書いていただいているブログ様のほんまに有難いこと有難いこと・・・!つーことで近日、私が分かる範囲の関西圏の展示会・即売会のまとめ記事を書く予定。来春も似たよーなスケジュールで開催されると思うし、どなたかのお力になれたらええな〜と思う(あれ、クラッスラの記事まだじゃねコイツ)


とりあえず場所ごとに訪問記書いて行ってからまとめよ〜っと。
以下、5/7に参りました手柄山温室植物園(兵庫県姫路市)にて開催されたサボテンと多肉植物展のことをば。



succulents

展示


Pachypodium brevicaule
恵比寿笑いが最近欲しい


Haworthia

アカダニ被害


アカダニの被害例や


霧吹き


トゲに霧吹きしたら、赤く変色するなど(これは白鳥丸というもの)の解説が記載されてあり、尚且つ会員の方々に口頭でで解説していただき楽しかった!!(いつもご親切にしていただき感謝です・・・)展示会って立派で元気なものしか置いてないんやろなーってイメージやったけど、私みたいな超絶KUSO初心者に色んな例を教えてくれはって、助かる!展示会でした〜〜。


失念
昼間は咲いてたけど、夕方には花が閉じてた、このビジュアルに鳥肌立ったww


Pachyphytum oviferum


↑この桃美人と星美人を拝見して、私の読みが合ってたことを確信したよNEEEEE、やっぱり桃美人は先っちょしか紅葉しない、星美人は全体的に紫色に紅葉する。これが桃と星の違いなんじゃね?と。


星桃違い

このことで当ブログにお越しの方もチラホラ、やっぱりみなさん気になるのね〜っと。てか「狭すぎワロタ肉」でお越しいただいた方がいるんやねwwダイレクトに当ブログを見たかったのでしょうありがとうございます^^^^最近検索キーワードがじわーっとおもろいことになってるんで、そのうち書く予定w


ここまでご覧いただきありがとうございますm(__)m 次は常設の温室内の写真を載っけよーかと^^

サボテン&多肉植物展2016 in "Sakuya Konohana Kan"

cacti&succulent


先日、咲くやこの◯館で開催されたサボテン&多肉植物展に降臨。◯=花

会期中には即売会もあり、関西圏の有名な多肉園さんが出店。山城LOVE仙園しか行ったことのない私としては、たにっくんKOU房やカクタスNISHIなど、ネットでその字面は拝見するけど行ったことのない方が出店されてるので、鼻息を荒げるのであった。


cacti&succulent

cacti&succulent


園内のホール中央には、見事なサボテンと多肉が。さてさてどれどれ


アガベの何か

Lithops


Oh...展示品の写真はこれくらいしかないww買い物に夢中過ぎたwwwこのとき、出店されてる方とお話してお知恵を頂戴し、「SUGEEEEEそこまでしてはるんですかwww」と感化されまくりんぐ。私は連日で降臨したので(ひ、暇人ちゃうしな^^^^^)1日目に「あ〜アレとか欲しいですね〜^^」と言った品を、翌日にご用意いただいた多肉園さんがいらっしゃいました!姫ZIカクタスさんのご親切に感謝致しますm(__)m


ここでの購入品は以下、
エケベリア:ケッセルリンギアナ・大和錦hyb・桃太郎・鯱(東雲綴化)
クラッスラ:紀の川 もう既にあるのになwやっぱ好きやねん、やっぱ(ry
ユーフォルビア:峨眉山
ロフォフォラ:ディフューサ
球根もの:シゾバシス イントリカータ
ガガイモ:プセウドリトス ミギウルティヌス

「・・・アレ?あんたそっちにも興味出たん?」と思われるやろね(白目)とうとうベンケイソウ科以外に触手が伸びた。本や雑誌、よそさまのブログや友人の影響、そしてトドメに掛かったのが手持ちのエケベリアなどの紅葉の終わり・・・これからの季節、紅葉せずとも別の視点で楽しませてくれるものが欲しかったのよね(ごめん正直に言う、ただ単に飽きとか別種への物欲が抑えきれなかった)色んなジャンルを寄せ集めてるこの即売会はとても都合が良かった。


cacti


企画展・即売会を楽しんだ後は、蘭などのある熱帯雨林室やサボテン・多肉のある乾燥地植植物室、山野草のある高山植物室など、各温室内を行き来し、常設の展示を観察。


そもそも、"植物園"なるものに足を踏み入れるのは今回が初めて。花恐怖症の筆者が金払ってまで”花だらけの空間”に行きたがるなんで、去年の今頃の私は思わなかったわ。このブログの読者さまからしたら「この話ほんまクドいわエエ加減にせい^^」って感じでしょうけど、今もなお"花"と戦っている自分にとって、今春は大事な過渡期を一歩づつ通過してるんやなと実感しまくりんぐ。


cacti

私このタイプの花よう触れんねん〜観る専門(中川礼二の大阪のおばちゃんネタ好きよ)


Mammillaria elongata f. crist


この手書き、たまりませんなぁ。


C. falcata


大好き神刀!わいのもいつかこんなんなるかな(白目)


Welwitschia mirabilis


2枚の葉っぱを伸ばし続ける、ウェルウィッチア科の"奇想天外"。本読んだとろこ1科1属1種でかなり珍しいとか、自生地の大株は2000歳を超えるとか、名前負けしない"何か"を感じ取ったようなそうでもないような・・・。


cacti


デカい金鯱。


cactus gerden

失念


屋外展示は更にデカいものいっぱい。はぁ〜こんな庭欲しい・・・。


アガベ フェロクス


こちらのアガベ、5月末〜開花予定らしい。開花後は枯死、どーりで庭の通路に過去に咲いた者の亡骸っぽいものが転がってはった。


あんま記事が長いと読まれる方もしんどいと思うので、この辺で^^え?「これくらいで書き疲れてんちゃうぞ」って?^^^^次回記事は、サボテン・多肉以外の温室の写真をお届けしようかと。たまにはそういうのもいいんでない?

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。